Welcome Reception - AWS re:Invent 2014 参加レポート #2

sparkgene
4

こんにちは、sparkgeneです。

いよいよre:Inventが開始されました!
とは言っても、今日はBootcampやAPN(AWS パートナー ネットッワーク)向けのセッションが行われるだけで、キーノートや誰もが参加できるセッションは明日からです。
そんな訳で、Bootcampには申し込まなかった私は夕方までOFFな日でしたが、朝イチでレジストレーションを済ませ参加証を頂きました。

APNのセッションでは、今年のプレミアムパートナーの発表もあったようで、去年に続きcloudpackさん、野村総合研究所さんが選ばれ、新たにクラスメソッドさん、サーバーワークスさんも選ばれたようです。

世界でも20数社しか選ばれていない中、日本から4社も選ばれました。

つまりそれは、日本ではAWSはかなり熱いってことじゃないでしょうか!

IMG_3451

夕方の5時からは、Welcome Reception(展示会)が開始され、今までは一部のデベロッパーしかウロウロしていなかったメインフロアが一気に大混雑です。
30分前でこの状況で、開始時には密度的には倍ぐらいまで人が増えてました。。

その横では専用のブースが設けられ、アメリカのイベントらしくクラブっぽい音楽をDJがずっと流しています。

IMG_3382

ホール内へ入るとすでにこの状況。。
私はよく分かってなかったのですが、展示と一緒にフリーフード・フリードリンクな形で食事が用意されてしました。
参加者は、お酒または料理を持ちつつ展示ブースでサービスの話を聞いたり相談したりと、かなりカジュアルな感じの展示会です。

IMG_3453

真ん中辺りには、AWSのエキスパートに直接相談ができるコーナーも有り、色々とお話を聞くことが出来ます(英語で)

IMG_3454

同じくシアトルから参加していたGOGAさんのブースもありました。

IMG_3459

弊社でも利用しているツールの会社も多く出店しており、「よく使ってるよ」と雑談したり、面白そうなサービスについては内容を詳しく聞いて、自社のサービスでうまく使えないかな〜と考えながら見て回りました。
(今日は夜から日本の参加者向けのパーティーが行われる予定でしたので、展示会場での飲み食いはずっと我慢してました。)
そして、夜から日本の参加者が全員集まってのパーティーが始まります。400名以上の参加者だったそうです。

IMG_3472

こちらの会場でも、色々な会社の方と名刺交換(切らしてしまったので、私は見せるだけ。。)をしつつ、AWSをどんなふうに使っているのかなどの話を聞かせていただきました。

AWSの勉強会には何度か参加していますが、ここまでいろいろな方とお話をさせていただいたのは初めてです。
セッションへの参加だけではなく、こういった交流もre:Inventへ参加する上での大きなメリットじゃないかと思います。

最後に

IMG_3473

さすがAWSさんです。昨日の肉も大きくてすごかったけど、こちらのほうが桁違いな大きさです。。

2日連続で肉の画像で締めて申し訳無い。。。